五月祭

今年も機械系の学生ががんばってくれて、五月祭で機械を紹介する様々な企画をやってくれます。
http://ut-mech.com/

酒井・泉研究室は昨年同様、工作教室のパスタブリッジに全面協力しています。

皆様のご来場をお待ちしております。

SI

2014年度オープンハウスと卒論テーマ

2014年度のオープンハウスは4/3, 4/4に開催されます。酒井・泉研究室の説明会は4/3, 13-14時, 16-17時 4/4 13-14時となっていますが、特に4/4の午後は、随時見学に対応します。酒井先生・泉・田中君、波田野さんで待っています。当研究室を志望しない人も、気軽に来てください。
http://www.fml.t.u-tokyo.ac.jp/fourth-grader.html (オープンハウス用特設webpage)

2014年度の卒業論文のテーマを紹介します。ここに挙げた7つのテーマ以外にも多数共同研究が走っており、
そのテーマを選んでもらっても大丈夫です。オープンハウスで詳細は説明します。

1.有人ロケット緊急離脱システムにおける人体影響度評価      PPT
2.人工衛星用リアクションホイールの長期信頼性確保のための解析技術の確立      PPT
3.鉄道転てつ付属装置の長期信頼性のための有限要素法解析      PPT
4.タイヤの接触・摩擦のマルチスケール解析      PPT
5.固体酸化物型燃料電池電極の構造変化予測      
6.分子動力学による次世代火力プラント高温材料設計       PPT
7.医用画像の不確定性を考慮した血管の流体構造連成解析 PPT

PPTのリンクは準備出来次第貼っていきます。

続きを読む

平成25年度第二回マルチフィジックス研究会

機械学会の研究会です。どなたでも参加可能です。

日本機械学会材料力学部門
平成25年度第2回「マルチフィジックスの実験/計算技術の高度化に関する研究会」

開催日:平成26年3月10日(月)13:00~17:00(終了後懇親会)
場所:東京大学工学部二号館3階232講義室(2-301)
〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1)
http://www2.mech.t.u-tokyo.ac.jp/access.html

趣旨:
 材料力学部門では部門活性化の一環として研究会活動の活性化を推進している.それを受けて平成23年度に新たにマルチフィジクス研究会(主査:林眞琴,副主査:泉聡志)を立ち上げた.この研究会は,現代の機械システムが多機能化・複雑化していることを背景に,熱・流体・振動・構造・音・電気・磁気などのマルチフィジクスに基づく設計ニーズの高まりに応えようとするものである.当初はシミュレーションに基づく構造設計技術力の向上を目指し,CAEシステム技術の普及に努めて来たが,研究会参加者も増えて,分野の広がりも見えて来たため,本来のマルチフィジクスを主題として活動を展開することにした.今回は,第一原理や原子モデリングによるマルチフィジクス材料設計と構造解析,ならびに,企業におけるマルチフィジクスの実製品への適用例を紹介する.

プログラム:
13:00-13:10 開会挨拶 主査 林眞琴(茨城県)
13:10-13:50多変量解析と分子シミュレーションを組み合わせた効率的材料設計技術 
日立研究所機械研究センター 岩崎富生
13:50-14:30第一原理計算および原子モデリングによるナノ構造のマルチフィジックス解析 
       東京大学生産技術研究所 梅野宜崇
14:30-15:00 休 憩
15:00-15:40亜音速失速領域近傍におけるガスタービン圧縮機翼の非定常振動
       日立研究所機械研究センター 山口和之
15:40-16:20 Some practical application of fluid dynamical phenomena associated with multi-physics mechanism
       東芝研究開発センター ビスワス デバシス
16:20-16:50 総合討論

17:30-19:30 懇親会(東京大学山上会館B1食堂)


SI

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ