2012年10月

飲酒死亡事故

教養学部報に7月に起こった隅田川花火大会における本学サークルの飲酒死亡事故の経緯が載っていました。

”大瓶に入った焼酎をいかに豪快に呑み、酔いつぶれるかを見せ合う行為であった。仲間が車座になってマイムマイムを歌い踊り、一区切りしたところで誰かが中央に出て好きなだけの量の酒を呑む、これを大瓶が何本も空になるまで繰り返す、という呑み方である。呑む者も呑む量も自主性に任せているということで、飲酒の強要はなかったとされるが、誰かは呑まねばならず、呑む者は賞賛され、場を盛り上げる、当然のごとく酔いつぶれる者が続出する。参加する当事者にしてみれば狂気の宴かもしれないが、冷静な傍観者からすれば狂気の沙汰である。若者に特権的な仲間との絆を深める勢いづけ行為、あるいは酒の限界量を覚えるためのある種の通過儀礼、というにはあまりにも代償が大きい、きわめて危険な呑み方である”
続きを読む

化学プラントの事故

化学プラントの事故が起こりました。事故の原因はまだ公表されていませんが、プラント事故の恐ろしさを見せつける恐ろしい事故でした。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

先日、研究室で化学プラントの見学に行ったばかりなので、身近なことと感じました。化学プラントは、反応物を扱う装置の他は、ほとんどが配管で、それが膨大なフランジとボルトで接続されています。配管は広大な敷地内に張り巡らされています。その量は、行って見てみないと中々理解できないと思います。中に流れる化学物質で、配管は腐食しますし、外の外気でも錆びます。そんな大規模なシステムをメンテナンスしている方々の苦労は相当なものだと想像できます。中々日の当らない分野でありますが、リスクベースメンテナンスなど、メンテナンスの高度化の重要性を再認識しました。

#事故のあった企業のもうけ柱が紙おむつとは意外でした、見学に行った企業は鳥の餌が好調だとか、意外に身近な化学メーカーです。

SI

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ