機械学会の有限要素法の講習会の第三回が2014年7月14日(月)日本機械学会会議室で開催されます。
http://www.jsme.or.jp/event/detail.php?id=2958

題目・講師
10.00-10.45/(1)Verification & Validationの概念
CAEの品質マネージメント,標準手順,CAEの結果を検証することの大切さについて解説する.
東京大学 泉 聡志
10.45-12.00/(2)事例紹介による問題設定や解析結果
塔、船舶、航空機、宇宙構造物などの解析事例を通じて有限要素解析における問題設定や解析評価について解説する.
MSCソフトウェア 渡邉浩志
13.00-14.15/(3)想定外の損傷事例に学ぶこと
想定外の荷重によって引き起こされた疲労などの損傷事例を通じて,問題設定の大切さについて解説する.
MSCソフトウェア 渡邉浩志
14.15-15.45/(4)有限要素法による構造解析の基礎
有限要素法の理論,メッシュの切り方,要素の選び方など,モデリング,結果の検証(V&V)のポイントを学ぶ.
東京大学 泉 聡志
16.00-17.00/(5)有限要素法解析の実践的演習
構造強度設計の例題を基に,力学的本質の捉え方,V&Vの実践的なポイントの演習を行う.
東京大学 泉 聡志,MSCソフトウェア 渡邉浩志
17.30-18.30/(6)技術交流会(懇親会)

よろしくお願いします。