人前でしゃべることが多いので、常に体調を整えておくこと大事。
講演の日が近づいてきたら健康管理には気を使う。とはいえ、自然災害やウィルス感染などの危機管理は難しいというより不可能。これまでこのことでピンチに立たされたことはゼロ(神様ありがとう)。

講話の準備はいつも目的地に着くまでの移動時間に完成させる。適度に揺れる車中(もしくは機中)で私の脳はカタカタ動きだし、今日集まってくれるまだ見ぬ人たちの輪郭を受取り、キャッチボールを始めている。そして会場でケミストリーが起きる。私の話は私のチカラではなく、聴く人のチカラによって形づくられていくことを今日も確信したよ。

今年はどんなケミストリー、つまり化学反応が起きるかな。