丸の内の9階にあるオフィスでいつものように仕事をしていた。遅めのランチも済ませた。別室(会議室)に2人来客。静かな時間が過ぎていた。その時、揺れた!倒れた!落ちた!
警報機が鳴り、「落ち着いて行動を」とアナウンス。「落ち着いて」と言われた途端、恐怖に襲われた。「行動を」と言われた途端、どうしたらいいの?と不安に襲われた。

帰路への交通手段が断たれたことで、選択肢はオフィスに泊ること以外なかった。一人夜中に事務所で天井を見つめてソファに寝るのは、これまた恐〜い。はずだった。ところが前述のように来客の一人(30代の女性)もここに泊る運命を受け入れざるを得なかった。
歩いて帰る別の一人(お子さんを家に残しているお父さんでここのボスです)から、朝までの食糧をさし入れて頂き、ポータブルTVとネットニュースで情報を確認しながら、初対面の私たちは徐々に打ち解けた。不思議な縁で一夜を共にした私たちは、翌日の午後に東京駅でサヨナラした。もちろんメアド交換して。

亡くなった多くの方々、心からご冥福をお祈りします。
避難を余儀なくされた大勢の方々、どうかお身体を自愛ください。