お知らせ Q&A レンタカー サポート 中古車情報 問い合わせ 車検もおまかせ 今月の社長の言葉
イズミ車体製作所 HPへ

2018年09月05日

「あおいくま」(平成30年8月号)

 7月の12~14日の社員旅行は久しぶりで、皆様も満喫されたことと思います。
 特に北海道でしたから、熊本の暑さに慣れている我々には別天地の快適さでした。 3日間滞在してその間の最高気温が25度でした。
 工場見学で伺った札幌ボデーの堀田社長から、1週間後東京で会ったときに聞いた話ですが、私たちが行った3日間の前後は雨ばかりでもっと蒸し暑かったそうです。 それとイズミ車体の社員の全員が礼儀正しくて素晴らしかったと褒めていらっしゃいました。
 また、初日夜のパーティーでは、例年のことながら私の誕生日を祝っていただきまして本当に感激しました。皆様有難うございました。

 帰ってきた後は現実に戻り、連日猛暑が続く中で皆様共々、毎日耐え忍んで頑張っています。
 今週(6~10日)が過ぎれば、今年の猛暑を鑑みて、11日から19日まで9連休の夏休みとなります。 その間に疲れた体のリフレッシュ、体力保持に努めてください。

 8月号の致知に皆様ご存知の熊本出身のタレント、コロッケ氏の話が載っていましたのでご紹介します。
 氏は幼少時代からの貧困や、難聴に苦しんだ体験の中からどのようなときも笑顔を絶やさなかったお母さんの生き方や教えなどをこの致知の中で「僕を変えてくれた母の生き方」と題して話されています。
 紙面の都合で全部は書きませんが、氏が子供の頃から家の柱にお母さんが書いた黄ばんだ紙が貼られていたそうです。
その紙に書かれていたのが、「あせるな、 おこるな、 いばるな、 くさるな、 まけるな」 この5文字の頭文字をとって「あおいくま」と覚えていて、初めは意味は分からなかったそうです。

 東京へ出て38年の芸能生活の中でいろいろな人と仕事をしていく上でこの「あおいくま」がいつも自分を励ましてくれたそうです。 詳細は致知8月号をぜひお読みください。
 

izumishatai5 at 09:55コメント(0) この記事をクリップ!

平成30年度が始まりました(平成30年7月号)

 新年度がスタートしました。 平成30年度です。
 7月2日の全体朝礼で社長から話がありましたから同じことは書きませんが、5月25日は東京で日本自動車車体工業会の設立70週年のお祝いが総会と同時にありました。
 70年史を発行するので私も副会長として一言ご挨拶をしたためました。

 車工会も60周年からの10年間でいろいろなことがありましたが、私どもイズミ車体製作所にも多事多難の10年間でした。
 熊本県の経営革新制度の認可を受け、この大津工場の建設が開始されるのと並行してリーマンショックに遭遇しました。 検診車10台がドタキャンにあい、他の受注予定も激減しました。 幸運なことにそのタイミングで工場の新設を進めていたことで、熊本県や大津町の補助金が繰り入れられて事なきを得ました。
 工場が完成し、ようやく軌道に乗りだしたと思ったら東日本大震災です。 直接には関係ないと思われがちですが、注文していた検診車のシャーシの入庫がストップしました。 メーカーのサプライチェーンが途切れ、部品が足らずにシャーシが完成できなくなったのです。
 お客様には事情を説明して納得していただきましたが、会社の売上は予定より大きく落ち込みました。

 その後もタイの大洪水のときは換気扇が品切れになったり、それもこれも乗り越えてやっと本格的に業績が安定して予定の利益も3年、4年と決算ごとに確実に継続できるようになったので、4年前に社長を交代して会長として現業から一歩引いて見ていこうとした矢先、今度は熊本地震です。
 しかしこのときも社員の皆様の絶大なる協力で、去年の10月には工場の社屋も、事務所棟も、全て完全に修復しました。 本当に有難うございました。

 この6月までの業績も好結果になりそうです。 しかしこれまでにも述べてきたように何が起こるか、「神のみぞ知る」です。
 そのためにもせめて社員の皆さまや家族の方々も、事故・怪我だけは起こさせないように注意して、これから6月までの1年間無事故で行きましょう。 それが「安全第一」の基本中の基本です。


izumishatai5 at 09:41コメント(0) この記事をクリップ!

社内報「いずみ」30週年に寄せて(平成30年6月号)

 今号で社内報「いずみ」が記念すべき360号だそうです。 昭和63年7月の第1号発行以来、ちょうど30年になります。

 昔は今ほど新聞やマスコミに取り上げてもらえる会社ではなかったので、会社で働く社員の家族に何をしている会社か、どんな人たちが働いているのか、今どんな問題を抱えているのか少しでも分かってもらいたい、とそんな気持ちで始めました。
 昔のガリ版刷りの学級新聞のイメージのまま、今日まで続いています。 一時期超多忙で業績も思わしくなく、社内報の発行を今月は止めたいとの申し出もありましたが、一度止めたら後が続かないと思い、片面(表)だけで発行した月もありました。

 会社の定例行事は社内報だけではありません。
 お正月の阿蘇神社への初詣も30年以上続いていますし、4月の新入社員歓迎会・慰労会も30年以上、7月の社員旅行/暑気払いもそうです。 今年は2泊3日の北海道旅行だそうですが、昔はシンガポール、ハワイ、沖縄などへも行ったことが思い出されます。
 10月は運動会です。 昨年の横断幕には第23回となっていましたが、その前の模擬運動会を含めたらこれも30年以上になります。 その他社内報には載りませんが、社員の誕生祝い、その子供さんの出生祝い、入学卒業祝い、新築祝い等々、どんなに会社が大変なときでもとにかく継続してきました。

 今月はじめからやっている社長の個人面談もようやく終わりそうです。
 そして会社は今月が決算で、平成29年度の業務を締め、来月には平成30年度をスタートさせます。
 更に今月末には電装課のHくんの結婚披露宴が行われる予定です。 昨年のTくんに続いて今年始めての久しぶりの慶事で、誠におめでたい限りです。
 
 最後に社内報のスタッフの皆様、いつもありがとうございます。

izumishatai5 at 09:23コメント(0) この記事をクリップ!
イズミ車体株式会社
フミンコーティング
ギャラリー
カテゴリー
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

サイトマッププライバシーポリシー会社概要アクセスマップ Copyright (C) 2007 IZUMISHATAI Co., Ltd. All rights reserved.