2007年01月18日

もし金利1%の銀行があったなら

理屈としてリスクが自分でコントロールできるといっても、リスクはリスクであり、絶対安全ではないものだ。
しかし、FXは絶対安全に利益を上げる方法もある。うそくさい話だが、簡単な理屈だ。
これはわりと有名な方法で、他のサイトでも紹介されているが、ようは為替変動が起きても損にも得にもならないように、ロングとショート両方のポジションを同じだけ持っていればいいのだ。これなら当たり前だが、どちらの方向へ変動しても問題ない。
だが、これだけでは利益はでない。この方法には利益を出すためのポイントがある。

実はFX会社が提供しているスワップポイントは会社によって金額が違う。
そこで、できるだけ貰えるスワップが大きい会社でロングポジションを持ち、できるだけ払うスワップが少ない会社でショートポジションを持てば、わずか数円ながら差が生まれるのだ。
わずか、と言っても理論的に為替変動が無視できる状態での数円なのだから、大きな数円だ。
きっちりとFX会社のスワップを調査し、運用すれば、投入資金の1%ほどのリターンが安全に見込める。
銀行に預けて眠らせるよりは有意義な運用だと思うのだが、いかがだろうか?


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔