2005年07月

2005年07月05日

近々、中国人の従業員の方二人と東京観光することになりました。

もうすぐ帰国するので、その前に一度東京に行ってみたいというとのこと。

日本での思い出作りに、憧れの東京観光に出かける・・。

非常にハートフルなストーリーぢゃないですか。

“東京”は中国でも有名です。従業員のお二人も多少の知識はある模様。

二人が行きたい場所を案内してあげようと、どこがいいか尋ねると、

返ってきた答えは「秋葉原」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

二人とも日本製のカメラが欲しいと言っていた。

だから秋葉原に行きたい、と。

・・・・・・・・・・・・。

やはり外国人にとっては未だ“電気街”というイメージが強いようだ。

確かに、そのイメージも間違ってはいないけど・・・・、

いやむしろ本来的には正しいんだが、しかし・・・・。




このような二人が秋葉原の実態を知ったら、一体どう感じるのか。

今から心配でなりません。



(20:08)