2007年12月

2007年12月21日

を引きまして。

え、どうでもいいですか?そうですか。


(13:26)

2007年12月16日

忘年会連続二日目。

続きを読む

(12:34)

2007年12月15日

昨日、表題の通りのアホな素晴らしい企画の下、飲み会をしてきた。

続きを読む

(13:31)

2007年12月13日

ぱくり
今日、コンビニでサンデー開いたら、素人目に見てもデスノートのパクリとしか思えないような漫画が巻頭カラーで掲載されていた(画像)。
続きを読む

(20:12)

2007年12月10日

パンチラアニメが見たくなった。

続きを読む

(21:16)
しかしまあ、どうしてウチの両親は『朝ズバ』だの『ワイドスクランブル』だの『ピンポン』だの、低俗で醜悪で虚偽に満ちたワイドショーなる番組を、毎日毎日飽きもせず見ているのか。

時津風部屋での暴行致死事件一つ取っても、おどろおどろしいナレーターの音声、恐怖を喚起する不気味な字体のテロップ、時津風親方の鋭い視線を切り取って画面一杯に拡大・・・・、ありとあらゆる演出方法を駆使して親方一人を悪者に仕立て上げた映像及び音声を流した後、スタジオに居揃う偽善者どもが得意満面で口々に罵り、揚げ足を取り、ここぞとばかりに痛罵する。

連日連夜、その繰り返し。

で、「ネタ」が切れてきたらまた別のネタを投入(船場吉兆とかの食品偽装であったり、どこぞの役人の汚職であったり)して再び“もぐら叩き”を始めるのである。
事件の背景を探って解決策を模索することも無く、社会問題の改善案を提示することも無く、ただひたすら、批判とも言えぬ罵詈雑言や愚にも付かぬコメントを垂れ流すのみ。

事ある毎に彼ら自身が糾弾している『いじめ』と一体どこが違うのか。
到底、報道とも言えぬ下らない番組である。
しかし、それなら見なければ良いとして片付けられるほど、小さな問題でもないように思う。この壮大な電波の無駄使いをどうにかできぬものか。

このような番組を好き好んで視聴し、コメンテーターなる偽善者の意見に肯く奴など、所詮は下らぬ人間なのだろう。嗚呼。






(20:53)