仙谷由人国家戦略担当相は28日、平成23年度からの「子ども手当」に関し、月2万6千円から給食、教材の費用を差し引いての支給を検討すべきだとの考えを示した。都内で記者団に語った。

 鳩山由紀夫首相も23年度以降、未納給食費の差し引きを検討するよう長妻昭厚生労働相に指示しており、今後、支給の在り方が焦点となる。

 仙谷氏は差し引きについて「家庭から学校に払う分を先に国が払う(ということだ)」として、家計支援効果に変化はないと強調した。

 また、NHK番組では、満額支給の財源を「何とかひねり出す」と強調した上で、「(保育サービスは)地域間格差が大きい。保育産業を伸ばすように使うべきだとの議論もある」と述べ、保育所増設など現物給付に振り向ける可能性に触れた。

【関連記事】
4月から政府の家計支援スタート 社会保険料など負担増も
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」
「子ども手当」特需に高まる期待
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円
子ども手当法案成立へ “2つの欠陥”置き去りのまま…
あれから、15年 地下鉄サリン事件

熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟(時事通信)
<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
桜田門外の変 150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)
<冷却ジェルパッド>女性2人がアレルギー性接触皮膚炎に(毎日新聞)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)