京都大霊長類研究所の服部裕子研究員らのグループが、チンパンジーは人間の視線の対象を気にしないのに、仲間の視線の先は凝視する特性を見つけ、英王立協会誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に発表した。研究グループは「同種の視線に敏感な方が餌や敵を見つけやすく、生存競争に勝つことができるからでは」と推測している。

 同研究所はモニター画面を見る視線の動きを赤外線で計測するシステムを開発し、比較研究。チンパンジーと人間が手前の湯飲み茶わんを見つめている2枚の写真をそれぞれに見せたところ、チンパンジーは仲間の写真では湯飲みを凝視し、人間の写真では目や手を見る傾向が表れた。

 一方、人間はチンパンジーの写真には満遍なく視線を送り、人間の写真だと目と湯飲みに集まる傾向があった。チンパンジー8匹と人間8人について実験し、いずれも同様の結果を得たという。【広瀬登】

【関連ニュース】
霊長類:半数、300種が絶滅の危機
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 京大霊長類研究員ら特性発見
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/68 <ことば>の大切さ /兵庫
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/67 赤ちゃんと脳科学/2 /兵庫
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 特性、霊長類研究所員ら発見

<名誉棄損>ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める(毎日新聞)
日本一!338メートル 「スカイツリー」東京タワー抜く(産経新聞)
「可愛かったので…」 杖つき腰曲げた87歳を逮捕 連れ去り未遂容疑(産経新聞)
大洋薬品工場に業務停止命令=別サンプル提出、ミス発覚逃れる-岐阜県(時事通信)
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」(産経新聞)