「密約」問題をめぐる衆院外務委員会の19日の参考人質疑で、沖縄返還に絡み当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領による秘密の合意議事録の存在が確認された沖縄への核再配備を、外務省の有識者委員会が「密約とは言えない」と結論付けたことに対し、元毎日新聞記者の西山太吉氏と東郷和彦元外務省条約局長が異論を唱えた。
 西山氏は、報告書の判断を「誤認だ」と批判。「米国はトップによる実名の合意を前提に対日政策を立案し、進めてくる」と強調した。東郷氏も合意議事録について「常識的な意味で言えば約束で、かつ国民に伏せられていた」と述べ、密約だったとの見方を示した。 

【関連ニュース】
密約文書発見は「驚き」=沖縄核再持ち込み
密約文書、佐藤元首相遺族が保管=沖縄核再持ち込み

乳児殺害の母、「首絞めてしまう」と3日前相談(読売新聞)
社民、同意人事に反対=原子力安全委、推進派起用で(時事通信)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
国際緊急援助隊救助チーム、最高レベルの評価を獲得(医療介護CBニュース)
奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)