毎日新聞社などが製作委員会に参加する映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(三池崇史監督・5月1日公開予定)が25日、沖縄県宜野湾市で開催中の「第2回沖縄国際映画祭」で上映された。

 主演の哀川翔さんが舞台あいさつに立ち「小さい子供からお年寄りまで楽しめる作品。自分でもかなり自信を持っています」と述べた。04年に公開された「ゼブラーマン」の2作目。

 沖縄国際映画祭は28日まで。毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社は共同で会場内の「コメディバザール」にブースを出展し、毎日映画コンクールなどの展示を行っている。

<シー・シェパード>監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省(医療介護CBニュース)
<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
労組事務所を使用不許可=「市民の場に利用」と説明-鹿児島県阿久根市(時事通信)
死刑制度:韓国での議論も国際通商上の問題に?