自民党の石破茂政調会長は14日午前の記者会見で、舛添要一前厚生労働相が、橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事と新党結成の可能性も含んで連携を模索していることについて「ご自身の勉強会で発言されているのは承知しているが、党内で政策を論じる政務調査会に参加しない。それで橋下氏らと議論するのは政党人として違和感を覚える」と不快感を示した。

【関連記事】
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党にも含み 15日会談へ
一難去ってまた…谷垣自民に不満続出
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?
自民党新体制 「舛添氏待望論」に応えよ
舛添氏は新党不参加 平沼氏、中山恭子氏に参加打診
外国人地方参政権問題に一石

恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
<普天間移設>徳之島に政府打診 3町長は会談拒否(毎日新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)