千葉地裁は17日、同地裁内で公金5万円を横領したとして、40代の男性事務官を懲戒免職処分とし、業務上横領容疑で千葉地検に告発したと発表した。

 地裁によると、この事務官は4月25日に庁舎の事務室で、雑費を保管していた手提げ金庫から現金5万円を着服。この日は日曜で、勤務時間外だった。27日に帳簿と残金を確認して発覚。5月に入って事務官が「自分が抜き取った」と認め、全額弁償したという。安井久治所長は「不祥事を深刻に受け止め、信頼回復に努める」とコメントした。【中川聡子】

【関連ニュース】
着服:元会計士が30億円 容疑の35歳逮捕 警視庁
振り込め詐欺:組織の「キング」に賠償命令 被害64人分
湖北土地改良区:前理事長ら横領の疑い 農水省が告訴要求
愛知高速交通:社員が8900万円着服…横領容疑で告訴へ
横領:JAおやま元職員、顧客の預金解約し1億5千万円

「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)
東京・多摩地区3市でコンビニ強盗 同一犯か(産経新聞)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
ラジオ ネットで聴取「ラジコ」 予想以上の好調(毎日新聞)
<見当たり捜査員>指名手配500人を追って雑踏に(毎日新聞)