北海道北見市で2007年1月、住民14人が死傷したガス漏れ事故で、釧路区検は25日、うち7人に対する業務上過失傷害罪で北海道ガス北見支店の当時の供給グループマネジャー(55)と同グループ維持管理チームリーダー(45)の2人を略式起訴した。同簡裁はそれぞれ罰金80万円、同50万円の略式命令を出し、いずれも即日納付された。
 同容疑で書類送検された元北見支店長(55)ら2人は不起訴処分とした。
 北海道警は08年8月、死亡した3人を含む6人は同社が高濃度の一酸化炭素(CO)を検知する前に被害に遭ったとみられるなどとして立件を見送り、残り8人に対する業務上過失傷害容疑で元マネジャーらを書類送検。しかし同区検は、うち1人については「過失と傷害との因果関係が薄い」として、4人とも不起訴処分とした。
 起訴状によると、元マネジャーらは07年1月17日夕~18日夜にかけ、北見市春光町の地中で高濃度のガスを複数回検知していたにもかかわらず、住民への注意喚起を怠り、7人に全治7~125日の傷害を負わせたとされる。
 北海道ガスの話 重く受け止めている。お客さまの安全安心の確保に一層全力を尽くす。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装
排煙設備が基準満たさず=窓に板、機械なく
死亡男性のバッグ持ち出しか=木嶋容疑者、偽装工作の疑い
車の鍵、遺書なく…=不審点捜査、「自殺」覆る

<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
絶滅危惧種のチョウ、標本がネット競売に(読売新聞)
M・ジャクソン財団とソニー、史上最高225億円契約
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)
B型インフル、検出続く―注意必要と感染研(医療介護CBニュース)