民主、自民両党は14日、鳩山由紀夫首相と自民党の谷垣禎一総裁らによる今国会3回目の党首討論を、21日に開催することで合意した。一方、与野党は14日の衆院議院運営委員会理事会で、労働者派遣法改正案、地球温暖化対策基本法案を16日と20日にそれぞれ審議入りすることで合意した。首相の訪米報告は22日の衆院本会議で行う。

【関連記事】
首相は普天間に政治生命賭けよ
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
「自民党自身が生まれ変わる」谷垣氏、党職員に異例の訓示
外国人地方参政権問題に一石

亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
<宮崎家族3人殺害>奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕(毎日新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」-訪朝支援者に表明(時事通信)