【ジュネーブ=平本秀樹】国連の人種差別撤廃委員会は24、25日、日本の人種差別撤廃条約の順守状況を検証する審査会合をジュネーブで開いた。

 一部委員は、鳩山政権が高校無償化から朝鮮学校の除外を検討していることについて、「懸念」を表明、日本政府側は、「今後の国会審議を踏まえ、適切に判断したい」と釈明した。

 日本に対する審査会合は2001年以来9年ぶり2回目で、アイヌ問題や被差別部落問題なども議論された。今回の議論を踏まえ、同委員会は3月中旬、日本政府に対する勧告を行う。

<事業仕分け>公益法人は7基準で “隠れ天下り”にもメス(毎日新聞)
成蹊大教授、セクハラとアカハラで懲戒免職 約3年間、尻や胸触る(産経新聞)
中央線高円寺駅で人身事故、運転見合わせ(読売新聞)
海岸にダイオウイカ漂着=最大級の無脊椎動物-新潟(時事通信)
<固体化リチウム電池>常温以下で作動、世界初 三重で成功(毎日新聞)