民主党は6日、都内のホテルで「地方自治体議員フォーラム全国研修会」を開いた。地方議員約500人が参加したが、政権や党運営に対する批判はほとんど出ず、わずかに宮城県議の内海太氏が「政治とカネ、普天間の問題で地方議員は厳しい叱責(しっせき)を受けながら活動している」と窮状を訴える程度。質疑応答でも地方議員の1人が「マニフェストがきちんと実行されていない」と苦言を呈したが他に意見は出なかった。

 鳩山由紀夫首相は研修会で「ちゃんと生きてますからね」と自虐気味にあいさつ。夜の懇親会では、高嶋良充筆頭副幹事長が「普天間や政治とカネの問題は民主党が本格的な政権党になるために国民が与えてくれた試練だ。これを乗り越えてこそ国民に信頼される」と結束を呼びかけた。懇親会には小沢一郎幹事長が姿を見せ、地方議員との記念撮影に笑顔で応じていた。

【関連記事】
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
失敗から何を学ぶか…新しい「鳩山論」の時期が来た
前原氏を「盟友」と呼んだ日 仙谷氏、「ポスト鳩山」のロードマップとは
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<富士山>青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
女性遺体 「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)