こんにちは。
ハワイの滞在先はどうやって決めていますか?

ワイキキがいいとか、海が近いとかの立地が優先の人、
日本人が多そうで、日本語OKのスタッフがいるホテルを優先する人、
値段だけで決める人もいれば、
ホテルじゃなくてコンドミニアムや戸建てを選ぶ人もいますよね。


私は何度もハワイに訪れたことがあるわけではないのでホテルやコンドミニアムの部屋を見比べて
「ここが良いよ。ここがおすすめだよ。」
ということは言えないのですが、住むために内覧して回って気づいたことや実際に住んでいて思ったこと、ハワイでの会社が観光や不動産もやっていたので、経験を踏まえてなんとなく気づいたことを書こうと思います。

※いつものように個人ブログレベルでしかもオアフ島に絞った話なので、全てにおいて通じるお話ではありません。ごめんなさい。

DSC_5595


滞在先の選択肢 (形態)
滞在先にもいろんな形態があります。

ラグジュアリーホテル:
ハレクラニ、ロイヤルハワイアンホテルなど
大型リゾートホテル:シェラトンワイキキ、ヒルトンハワイアンビレッジ、ハイアットリージェンシーなど
ホテル:ワイキキパークホテル、ヒルトンワイキキ、アラモアナホテルなど多数
ホテルコンドミニアム(ホテルコンド):トランプインターナショナル、ロイヤルクヒオ、ワイキキグランドホテル、ワイキキバニアン、ハワイアンモナークなど多数
コンドミニアム:フェアウェイビラなど多数
戸建て:カパフル地区、カイムキ地区などに多い気がします

コンドミニアム (現地ではコンドやアパートとも言います)は、その建物に住んでいる人もいる日本でいうマンションです。



滞在先の選択肢 (立地)
残念ながら滞在先はオアフ島の場合、ほとんどがワイキキ・アラモアナに集中していて選択肢があまりありません。

ワイキキ・アラモアナ地区:言わずと知れたワイキキ
ダウンタウン地区:経済の中心地ダウンタウン地区にもホテルがあります
コオリナ地区:ゆっくりリゾート型しかない地区
ノースショア地区:ゆっくりリゾート型とAirB&B (日本でいう民泊のようなもの)が多い
カイルア地区:基本的に住宅地なので2017年現在ホテルはほぼ無かったような…個人の住居や部屋に滞在するという形
ハワイカイ地区:少しだけ滞在できるところがあります

※注意
たとえばコオリナに滞在して一般的なツアーを申し込んだとき、あらゆるツアーがワイキキ中心 (集合・解散など)なので、わざわざコオリナから通勤ラッシュ2時間 (最短約50分)かけてワイキキに来ることになるケースをよく見かけますので注意です。




値段
ホテル:
1泊1部屋12,000円くらい~想像つかない金額まで。ホテルは普通1部屋あたりの値段なのですが、日本の旅行会社経由だと1人当たりになることも多い。なんでだろう。
コンドミニアム:1泊1部屋5,000円くらい~。部屋やオーナーさんによります。




コンドミニアムのランキングは意味ない
まず、いろいろな口コミを見てあのコンドミニアムはどうとかこうとか見かけますが、はっきり言って参考になりません。
ホテルはともかくコンドミニアムはオーナーによって部屋のクオリティに天と地の差があります。

同じコンドミニアムに住む方が虫がでるし汚すぎてすぐ引っ越したというのを聞きましたが、うちは虫も出ないし床に寝そべることができる部屋に住んでいました。内覧では同じコンドとは思えないほどきれいでスタイリッシュな部屋もありました。
一般的にバケーションを意識したオーナーさんは部屋を綺麗にしているし、借りる人はいくらでもいるいうちは安いから、という方の部屋はアレのことが多いかも…。

結局ワイキキのコンドミニアムはほぼ竣工年が同じくらいなので、コンドミニアムの質はそんなに変わりません。




ハワイの滞在で快適に過ごすポイント2つ
私がこれだけは外せないなと思ったのが2つあります。私の場合観光で訪れることはあまりなさそうなので視点が違うかと思いますが、こういう考えもあるのかな程度に見てください。

「どうせ寝るだけだからいいのよ!」言うてもやっぱり滞在先が快適だと気持ち良いし、何よりハワイの雰囲気を感じることができます。
これは実際に体験してみないとわからないのですが、私はかつてハレクラニとトランプに泊まったことがあり、双方の違いをはじめ、その後のホテルやコンドミニアムの違いを見て、「ああ!やっぱり滞在先大事!」と思ったのです…幼稚な表現ですみません。



1.ラナイがあるほうが絶対良い!
ラナイとは日本でいうベランダです。これがね、あるのとないのとでは同じハワイにいるとは思えないほど快適度が違います。

まず、ハワイの気候の良さといえば爽やかな風。この風を感じながらの生活は夢のようです。
私たち夫婦はこれで1度もエアコンをつけたことがありません。(2015年夏の異常気象の時は30度を超えて暑くて仕方なかった日もありましたが。)

ラナイがないと、特に西側は部屋が蒸し暑くなりエアコンフル稼働。そうしないとハワイでは無縁のカビも生えやすくなります。
広いラナイがあれば、開けっ放しでも雨が入ってくることはありません。

たいていラナイにはテーブルとイスが並べられていて、朝は優雅にハワイの風を感じながら朝食を。
…なんて想像したままのことができますよ。

DSCF9294


多くのホテルにラナイがあるのですが、ホテルコンドやコンドミニアムには無いことも多いです。
「ラナイなんて無くていいよ。」というセリフが聞こえてきそうですが、ぜひ体験してみてください。
1週間滞在でツアー詰め詰めならともかく、半年以上滞在する場合、ラナイがないと想像以上にきついです。


広いラナイがあるコンドミニアム:アイランドコロニーなど
ラナイがあるコンドミニアム:ロイヤルクヒオ、ワイキキバニアン、フェアウェイビラ、パシフィックモナークなど多数




2.大通り沿いより奥まったところが良い!
夜、時差ボケも手伝って興奮して眠れない!外ではバーが騒がしく救急車の音がうるさい!早朝のごみ収集車の音がうるさい!っていうか収集朝早すぎない!?
そんなこんなでツアー出発、グロッキー。

思っていたのとは違うハワイ (というかワイキキ)の夜。それは立地にあります。
さらにワイキキのホテルは古いので防音設備も整っていません。
日本も同じですが大通り沿いは思いのほか車の走る音が響きます。特に大通り沿いの小さなコンドミニアムはその影響をモロに受けます。

これはホテル (コンド)が大きく、敷地が広ければ避けられる問題です。


静かな立地のホテル
カラカウア通りよりも海側にさらに1本入ったところが静かです。
ハレクラニ、アウトリガーリーフ、エンバシースイーツ、ワイキキパーク、ロイヤルハワイアン、トランプインターナショナル、シェラトンワイキキ、ヒルトンハワイアンビレッジ レインボータワー、ザ・カハラあたりをはじめ、カイマナビーチ周辺、コオリナ、ノースショアなど。



カラカウア通りとクヒオ通りの内側の奥まったところにあるホテルは比較的良いかと思います。
アラワイ運河沿いは大型コンドミニアムが多いので、多少騒音は抑えられます。
モアナサーフライダーなど、部屋の場所によって大きく左右されるホテルもあります。

そうそう、夜に鳴り響く甲高いサイレン。これはほとんどがEMS (救急車)です。あと黄色いレスキュー車も同じ音。パトカーはどちらかといえば静かに素早く忍び寄る感じなので、サイレンを鳴らしているところをほとんど見たことがありません。



飲食店併設よりコンビニ併設がいい!
ホテルはほとんどが飲食店併設ですが、コンドミニアムの場合はさまざま。一見便利な飲食店併設のコンドミニアム。
ところがこれ、虫さんたちを呼び寄せる条件にもなります。
住むためにコンドミニアムを探しているよ、という方はある程度飲食店の内容もチェックしたほうが良いかもしれません。カフェくらいならどうってことないのですが、うまみのある匂いが立ち込めるコンドミニアムもあります。

ワイキキのコンドミニアムは古い建物が多く密閉度が低く、ドア下や窓からすんなり虫さんたちが入ってきます。



そんなこんなで書いてみましたが、どちらかといえば旅行滞在よりも住むに視点を置いた記事でブレブレの内容…。
結局お金で快適さを買うということに落ち着いてしまいます。

けれど、がんばって払った高級ホテルなのに大通り沿いの低層階なら、アラワイ運河沿いの安いコンドミニアムの高層階をおすすめします。

DSC01788


ワイキキから見える景色は海だけではありません。マノア方面の美しさもぜひ味わってみてください。

良い部屋に巡り合えますように…。