こんにちは。
ワイキキは今リニューアル工事のラッシュです。


アラモアナ大通り + カリア通り
Ala Moana Blvd. + Kalia Rd.


まずはワイキキ西側、ヒルトンハワイアンビレッジの向かい。ちょうどワイラナコーヒーハウスのある交差点から見たアラモアナブルバードとカリアロードの交差点付近。
ここは2年近く地下のインフラ工事が行われていて通行止めの期間も長かった場所でしたが、ようやく完成。広大な公園の入口と広い歩道が開通しています。





クヒオ通り
Kuhio Ave.


こちらはリッツカールトン。
完成した巨大な棟と同じようなものがもう一棟できるのですが、当初は想像つきませんでした。

DSC_9047

日本では考えられない早さでビルの階層が上がり、工事が進んでいます。アメリカ本土の人と技術が動員されているとのこと。




クヒオ通り + シーサイド通り
Kuhio Ave. + Seaside Ave.


ワイキキトレードセンターはハイアット セントリック ワイキキビーチという名前に変わり、ノードストロームラックがオープン。

DSC_9032


広さはワードの1フロアくらいかな。こちらのノードストロームラックはまだガラガラなのでゆっくりと買い物ができますよ。

DSC_9029


大好きなジャンバジュースと落ち着けるスタバもウェルカムバック。外観を崩さずにここまで中身の構造をごっそり変えてしまうところはいいですね。



クヒオ通り
Kuhio Ave.


ノードストロームラックとインターナショナルマーケットプレイスの間に挟まれた建物も大幅リニューアル中。

DSC_9033



カラカウア通り + シーサイド通り
Kalakaua Ave. + Seaside Ave.


カラカウアアベニュー。
来ましたカラカウアのリニューアル。まずはこちら。ワイキキショッピングプラザのワイキキ横丁。

BlogPaint


地下には日本食街が広がっています。ラーメン横丁というくらいラーメン屋さんが多いです。
日本人による味付けということで味は間違いありません。ん~これこれ!つけ麺とか天ぷらとか美味しい!
日本の味付けそのままなので、YOUにはちょっとしょっぱいかもしれませんね。


カラカウア通り
Kalakaua Ave.


中心部ロイヤルハワイアンセンターのはじっこ、フェンディ―があったところもすっぽり工事現場と化しています。こちらはどうなるのか情報がありません。外観サインの付け替えと店の入れ替えだとは思いますが。



さて、私的に工事中どうしても受け入れられなかったロイヤルハワイアンセンター&アラモアナセンターエヴァ系の商業施設に生まれ変わったインターナショナルマーケットプレイス。

DSC_9065


ところがオープンしてみると期待を大きく超える姿で登場しました。さすがハワイです。
例えていうならモール全体が大きな中庭のような雰囲気。

DSC_9082


そして想像以上に広い!完全にマイナス→プラス好転です (このパターン多い)。

DSC_9081


ふかふかのソファーやベンチ、テーブルがいたるところに設置され、バニアンツリーも良い雰囲気で健在。ウッドデッキなども雰囲気たっぷり。

DSCF5555


あ、昔のサインを発見!

DSC_9077


中は高級百貨店サックスフィフスアベニュー (Saks Fith Avenue)など高級店が軒を連ねています。

DSCF5558


が、私のような高級とは無縁の方々も入りやすい雰囲気です。ベンチに1人で座ってゆっくり。ここの無料Wifiはモール全域をカバーしてワイキキエリアトップスピード級。
DSC_9083




次はハイアットリージェンシーより東側。カピオラニ公園に向かいます。これ。

DSC_9067

わかりますか?

前に何があったか覚えていますか?こんなとこ通らないよ、と思うかもしれませんが、この写真の右に見切れるのがエッグスンシングスです。

DSC_9115

私は全然思い出せません(笑)。

中身をすべて入れ替えるような大掛かりの工事がうかがえます。




こちらはパシフィックビーチホテルの大リニューアル。

DSC_9028


何があったっけ?ハーゲンダッツとクロサダのお店です。
敷地の1/3くらいを作り変えるようです。いつも裏道で通り抜けていたのですが通行止めになっていました。

DSC_9108



たった数ヶ月でどんどん建物が変わり、入れ替わっていくワイキキの姿。
これはディズニーと同じですね。完成のないテーマパーク。飽きが来ません。


そういえば倒れてしまったハレクラニの木ですが、そのまま倒れた状態。これはこれで良い雰囲気です。そして若芽が出ていました。また歴史を見つめ刻む世代の生まれ変わりです。


今年の夏以降にはさらに変化した姿のワイキキを見ることができるでしょう。