こんにちは。
ハワイは小さな島ですが移民が集まった島です。この小さな島で様々な国や人種の人たちが仲良く暮らしています。数年前はハワイ州の州知事さんが難民の受け入れを表明し「アロハの心で迎えましょう」と、そのハワイらしい言葉に感銘を受けました。

日本人も昔をさかのぼれば移民になっちゃうので、ポリネシアやマイクロネシア (ミクロネシア)からの移民を除いて話すと、現代ハワイの移民の歴史の原点は中国人から始まります。

中国人、ポルトガル人、韓国人、日本人、フィリピン人など、どちらかといえば太平洋・アジア系が多く人口比約40%、白人(ヒスパニック含む)が約30%。アジア系の中でもフィリピン系が最も多いのが特徴です。
が、多くの方がバックグラウンドはさまざま。親、祖父母などヨーロッパ系とハワイアン、アジア系とアフリカ系など、まさに人種のるつぼです。

DSCF5104のコピー


そんなハワイ。ある程度この地域はこの国の人が多いかなぁ、というのもあります。
例えばオアフ島でいえば中国人はチャイナタウン地区 (そりゃそうだって)。
フィリピン系はワイパフ地区。
コリアン系はアラモアナ地区。
白人はカイルア地区やノースショア地区。
ハワイアンはワイマナロ地区など。


私がハワイで暮らしているとあることに気付き始めました。
主に白人以外ですが、
「ハワイの人って独特の話し方しない?」
「語尾に「ヤ?」って付ける人多くない?何、ヤ?って。」
「ていうかアメリカ人(白人)がハワイの英語を英語で聞き返すパターン多くない?」


その「語尾にヤの不思議」がなんとなくわかったのはずいぶん時が経ってからでした。
ヤ?というのは「だよね」「ですよね」「じゃない?」みたいな感じ。
ピジン語と言っていいのかわかりませんが、その感覚ととらえました。もうね、誰が教えてくれるとかじゃなくて、自然と自分も使ってるんです。


ピジン語の正式な歴史背景とか知識は別にして、ピジン語とはすごく乱暴に言うと自分たちで作った隠語みたいなものです。もともとの発音がその国の発音となって違う言葉になっちゃってるのも言います。

日本でいえば自然に広まった若者言葉みたいな感じかのかな。

日本語でも雰囲気が似ているパターンがあります。エアコン。これは英語ではないですよね。
ついでに日本語の「サンキュー」これも英語のThank youではなくSANG KYUUという感じになります。
うーんこれは違う例えかな。


移民が多いお国柄、純粋な英語に自分の国の言葉をミックスさせて話したり、それが中国語と日本語とハワイ語が混ざった言葉になったり。逆にこれが公用語のようになったものもあります。
例えば「ベントウ(弁当=BENTO)」はハワイでは普通に通じます。

Do you have a lunch box Today?

を、面倒なので日系同士なら、ドゥユハバベントウ?

なんて言っていると、その中国語バージョンなどもあり、それがごちゃ混ぜになってきます。
これがハワイ独自のコミニュケーション上で成り立っていることも少なくありません。
「白人」をハワイの人は「ハウリ」と呼ぶ人が多いです。ハワイ住民を「カマアイナ」。
ハワイ語が少し変形した言葉が英語に混ざって、ハワイ流の言葉になります。

Mahalo for your Kokua. Please kokua.

ザ・バスでも流れるこの言葉。
「ご協力ありがとうございます。」「ご協力お願いします。」

ちなみにハワイのオーガニックフードで有名なスーパー「コクアマーケット」は「助け合いの店」かな。



ちょっと話がずれて、
ハワイでは「The」を「Da」と発音することも多い気がします。
ダ・なんとか。
思いつくものありませんか?

発音やイントネーションは本土から離れた島なので、日本でいう沖縄のように方言はあるはずなのですが、個人的な付き合いでいえば、本土から来たハワイ在住アメリカ人ですら英語に日本語の単語を織り交ぜたセリフを言うこともあって、まぁハワイですよ。

そんなハワイの歴史文化の面白さも見つけてみるのもいいかもしれませんね。



そうそう、ハワイの文化といえばおすすめはワイパフのハワイプランテーションビレッジ。いわゆるきれいな流行りのハワイの栄華や文化を知るところではなく、実に泥臭くて人間身のある歴史を知ることができます。

これがもう何回も行っているハワイ上級者におすすめです。もしくは初めてハワイに訪れる人。
日本語ガイドさんを予約することもできます。