こんにちは。
私たち夫婦のハワイ生活。生活に関わるあらゆることを総合的にみるとさほど物価が高いという感覚にはならなかったのですが、やはり食料品となると話は変わります。


ハワイのスーパーの値段別ランク

私の個人的な感覚でしか言えないのですがハワイのスーパーにも物価ランクがあります。
例えば関東で言えば成城石井は値段が高めで、イオンが真ん中くらい、地元に根付いたスーパーは安い、直販はもっと安いなど。

ハワイで思いつくスーパーは数あれど、日本人観光客も使うメインどころを<高いスーパー>から<安いスーパー>順に並べてみます。


注意: 下記事項を念頭に置いて読んでください。

✔ 食料品メインです。
✔ 2015年~2019年の個人的な感覚です。
✔ アメリカは特売期間が長く、考えられないほど割引することが多いです。
✔ 同じチェーンでも地域によって値段が若干違います。
✔ 良いもの (オーガニックなど) は高いという概念を省いています。
✔ スーパーによって安い分野、高い分野が異なるので本当は一概に言えません。
✔ 2019年9月。1ドル105円くらいで計算しています。

上に行くほど値段が高く、下に行くほど安い

値段高め
------------------
ダウントゥアース
ホールフーズ
セーフウェイ
ミツワマーケットプレイス
------------------
ニジヤ
フードランド系列
コクアマーケット
ターゲット
------------------
ドン・キホーテ
マルカイ
ホノルル市内のファーマーズマーケット
タイムス
ウォルマート
------------------
ケアモクスーパー
パラママーケット
チャイナタウンのお店群
コスコ
カリヒの市場群
オアフ島以外のファーマーズマーケット
------------------
値段安め


私の感覚だとこのような感じです。
しかしながら、日本であってもハワイであってもイメージで成り立っている部分も大きいです。
なんというか…「高いと思っているスーパーでは高いものが目について記憶に残りやすい」など。

それと同じような心理バイアスがハワイ全体に対しても働いているんじゃないかという検証です。


そこでちょうど真ん中くらいの物価のタイムスの広告を見てみましょう。
タイムスは特別安いスーパーではありませんが、カハラやカネオヘ、カイルアなどにも出店していて、多種多様のローカルから親しまれているスーパーです・・・だと思っています。
タイムス大好き。

タイムススーパーマーケットの広告

注意: ✔ あえて、ハワイにしては安いよね!という感じで紹介しますので、その辺を念頭においてください。

timessupermarket-ad-001

安いもの

日本のビール

12本で7.99ドル (12本約850円)。1本71円ほど。

timessupermarket-ad-9


私はビール飲まないのですが、これは安いのかな?

キウイ

5個で1ドル (5個で約105円)

timessupermarket-ad-4


さすがにキウイは安い!日本の私の地元だと1個90円以上します。 しかも銘柄は同じブランド。でもハワイのコスコ (Costco)はもっと安いです。
 

マッシュルームやミニトマト

このチラシではミニトマトが10oz (283g) で3ドル。
カリフラワーとブロッコリーが同じ値段。
日本ではなかなか売っていない美味しいアップルバナナは1LB (453g)で1.69ドル。味は沖縄で言う島バナナに似ています。一度食べたらほかのバナナは食べられませんっていうくらい好き。

timessupermarket-ad-6


野菜や果物で良いなぁと思ったのは、量り売りだということ。
よくバナナは好きな本数だけパキっと割って買っていました。ブロッコリーなどは小さいものは小さい分だけ安くなります。
ミニトマトやマッシュルームは日本で買うパックより2倍ほどの量が入っていますが、値段は日本でよく見る1パック298円くらい・・・の時に買っています。

アスパラ

1LB=453gで3.99ドル。100gで100円以下です。日本の卸売価格になります。

timessupermarket-ad-7


購入単価はハワイの方が高くなりがちですがグラム当たりの値段が違います。種類も豊富です。細いのもあれば太いのもありますが、何十本束で売られていることが多く、使い切れません。

有名なポテトチップス 8oz (約225g)

225gで270円ほど。

timessupermarket-ad-2


1袋の値段だけで見ると高いですが、1袋あたりの内容量は日本のポテトチップス(65g)の3倍以上入っています。 まぁ、ポテチは安いですよね。
ちなみに日本代表のカルビーのポテトチップスのBIGBAGが170g。カルビーのSUPER BAGうすしおで500g1,200円ほど (日本のAmazon)。個人的に塩系は湖池屋が好きです。

種無しぶどう (赤・黒・マスカット)

1LB=453gで2.99ドル。100gだと70円ほど。

timessupermarket-ad-5


こちらも圧倒的に安いですね。1週間毎日食べても食べても無くならなくて最後はカビ生えてドボンしちゃうブドウの大袋は、日本で売られているのと比べて量が半端なく多いです。 1袋だいたい5~7ドル払えば買えます。(約600円前後) すごく甘くて大好きです。というか甘すぎかも。旅行中毎日の朝食にヨーグルトを添えて。

フルーツミックスジュースやアイスティー

1/2ガロン5本で5ドル (約2リットル5本で530円)

timessupermarket-ad-3


これはね。買ったことが無いのですが、約2リットル1本が100円ちょっとなら結構良心的な値段ですよね。
 

豚肉

タイムスはね、肉が安くて個人的には美味しくて私好みなんですよ。 私がいた頃は肩ロース100g45円くらいで買っていました。 その代わり鶏肉が高いんですよね。なんでだろ。

ずっと思っていましたが、お米は日本では考えられない安さで買えます。 カリフォルニア米とコシヒカリのブレンドなどですが、水加減など炊き方を変えるだけでとっても美味しくなります。

単位と量が違う

お気づきかと思いますが、物価を見るときに単に1つの値段で比べることができないということがわかります。  

牛乳

ハワイでは牛乳1ガロン4.75ドル~5ドル弱くらいが普通の値段かと思います。
これは日本で売られている1リットルパック換算で1.25ドル、つまり1本140円くらいということです。
これ、私の日本の地元のスーパーより安いです。
1ドルが100円を下回ればさらに値段が下がります。

ハワイで売られている卵は1ダース単位。
1パックは12個。日本では1パック10個です。
私が生卵TKGで食べていた卵Mサイズは1トレー30個で8.25ドル、つまり10個入りが290円くらい。
これはさすがに高いです。 日本の場合、卵は客寄せ用の赤字価格です。 まぁそれでもハワイ高いですけれど。

2 for 5ドルって何?

これは2つ買うと5ドルになりますよ~ということです。

詳しくはこちらでまとめました。

「じゃあ2つ買わないと安くならないんじゃ意味ないじゃない、そんなにいらないよ。」
と思われるかもしれません。そうなんですよね。大量に買うから安い。

日本の我が家の冷蔵庫は4段式ですが、それくらいの容量の冷蔵庫を「小型」と呼んでしまうアメリカの家庭では、一気に買って保存することができます。

でも1つ買っても同じだけ割引になるお店も多いです。セーフウェイはそのひとつ。
メンバーになっていれば少量でもちゃんと割り引いてくれました。  

上手に知って得しよう!

ハワイならではの食べ物にチャレンジする

ハワイに行くと日本の物が欲しくなるし、日本の食べ物の値段しか目に入らないかと思いますが、日本では売られていない野菜や乾物なども多いです。
せっかくのハワイなのですから、お得を知って上手に買い物すると日本で暮らすのと変わらないくらい食費を抑えることができます。 いや、そりゃ厳しいかな。

お店によって得意分野がある

同じスーパーでも別の支店では同じものが安く売られているなんてことは珍しくありません。 逆にホールフーズやワイキキのロングスが一番安い!なんていう物もあって、 なんだよ!と拍子抜けすることも多々あります。

ちなみに私たちはフルーツ類は買う必要がないほど知人からおすそ分けしてもらっていました。
また、ファーマーズマーケットではおそらく払った金額よりおまけで貰ったものの方が多いです。 ハワイあるあるですね。

ハワイでの個人的に感じる不便さ

ただね、私たち夫婦のようなギリギリ生活の立場にはハワイの欠点は1つのお店で済ませられないということ。 こうやって安いものをめぐってハシゴするんです。
そう思うと日本は物にあふれていて最高です。

物価指数と賃金の考え方

ハワイの会社は給料が日本より多いので、日本人が感じているほどひどいものではないようです。
ハワイの日系企業は知りませんが・・・。あ、だからと言って決して楽だとかいうことではありません。

最低賃金はアメリカの最低水準ですが1,100円を超えていて + チップがあります。

ホテルのベッドメイキングが月40万円という話は知人から聞いた話なので説得力ありませんが、私の友人はシステム系ですが時給60ドルでやっています。

ちなみに世界的に物価が高いことで知られるシンガポールやスイスなども日本よりもずっと給料が高いので、一概に物価が高いことだけクローズアップするのもなんだかなぁと思います。
確かに観光で行ったら火の車だけど。

そうは言ってもハワイは物価指数もアメリカトップクラスで高いのは間違いありません。
消費税は4%超えという高さ。

アメリカは低所得者のための年金制度はかなり良いし、さまざまな施設や教育に対するドネーション (寄付) がとてつもなく多いので、市民権を得ればかなり良い社会制度らしいのですが、ハワイにおいてはアメリカの中でも日本人から見ても暮らしが楽だということはありません。


最後に。

こういった記事を書いた意図は、ハワイで生活する方々にとってネガティブな思考で埋まってほしくないという思いがあります。

ハワイに住む日本人として憧れる姿を見せてほしいという思いがあります。
ハワイに住みたいけれどなかなか住めない人たちの分までどうか楽しんで、誇れる日本人として活躍していくことを期待しています。
「がんばってください」なんて適当なこといえないけれど、応援しています。