北日本上空を氷点下約50度の非常に強い寒気が通過するため、7日明け方にかけ、北日本と北陸地方を中心に雪を伴った強い風が吹き、東日本の山沿いでは大雪になる見込み。

 気象庁は暴風雪や高波、大雪に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、6日午後4時現在、群馬県では24時間の降雪量が70センチを超えたところがある。7日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで群馬県で70センチ、長野県で60センチ、北海道・東北・北陸の各地方で50センチ、岐阜県で40センチとなっている。

 また、北陸地方と東北地方の日本海側では6日夜遅く、北海道では7日明け方にかけて、最大風速が18~20メートルに達するという。この影響で、北日本の日本海側と北陸地方では波の高さが6メートルを超える大しけになると予想される。

<将棋>谷川、三浦が首位 追う郷田ら4人 A級順位戦(毎日新聞)
<訃報>見田盛夫さん76歳=レストラン評論家(毎日新聞)
「小沢氏がしっかり説明」=首相、世論調査結果に(時事通信)
グアムを中旬に視察=普天間検討委(時事通信)
ナイフで襲い10万円奪う=開店準備の男性軽傷-警視庁(時事通信)