地球温暖化対策のため、コンビニエンスストアの深夜営業規制を検討していた京都市の門川大作市長は25日、条例などでの規制を断念するとの考えを明らかにした。

 検討を進めていた市民会議(座長=藤岡一郎・京都産業大法科大学院教授)が「深夜営業を規制しても二酸化炭素の削減効果は限定的」などとして、提言骨子に規制を盛り込まなかったためという。

 市は、国別の温室効果ガスの削減目標を定めた京都議定書誕生の地として、夜型の生活を昼型に変えようと、08年8月に、市民や大学教授ら24人からなる市民会議を設置したが、大手コンビニチェーンでつくる「日本フランチャイズチェーン協会」は参加しなかった。

 門川市長は「一方的な規制は行わないが、今後もコンビニ業界に働きかけたい」と話した。

<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)
介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見-新潟(時事通信)
常務ら9人処分、再発防止策も=架線切断、新幹線停止で-JR東海(時事通信)
民家火災で2人死亡=老舗うなぎ店主と長女か-埼玉(時事通信)
「親族4人死亡」休み不正取得し弔慰金詐取、陸自尉官を停職(産経新聞)