神奈川県で公共的施設内の喫煙を規制する「受動喫煙防止条例」が全国で初めて4月に施行されるのを前に、日本マクドナルド(本社・東京都新宿区)は1日、県内全298店舗を全面禁煙にした。

 すでに約180店が全面禁煙だったが、ガラスで仕切った喫煙スペースを設けたり、フロアごとに分煙にしたりしていた残り約120店舗も禁煙に。分煙だった店舗ではポスターを掲示し、注文を受ける店員が「本日から全面禁煙です」と説明した。

 横浜市中区の関内北口店では午前0時に喫煙席60席の灰皿を撤去した。西区の女性会社員(24)は「分煙でも、煙が漏れて気になった。大歓迎」。同県藤沢市の男子大学生(21)は「吸う場所がほとんど無くなりストレスがたまる」と話した。同社の萩原和之・コーポレーション部統括マネージャーは「外食産業のリーディングカンパニーとして、禁煙化の流れを作りたい」としている。

雑記帳 納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)
市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
介護事業、増収傾向続く―大手4-12月期決算(医療介護CBニュース)
<普天間移設>「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調(毎日新聞)