国税庁が、税率の低いタックスヘイブン(租税回避地)として知られるカリブ海の英領ケイマン諸島との間で、脱税などの発見を目的とした情報提供を受けることで合意したことが分かった。

 近く具体的な情報提供を要請する。日本がタックスヘイブンとされる地域から情報を入手できるようになるのは初めて。タックスヘイブンが法人や個人の資産隠しに悪用される例が目立っており、国税当局は今後、情報を基に積極的な解明に乗り出すとみられる。

 政府関係者らによると、日本は海外に資産を流出させる方法などでの脱税を防ぐため、他国と情報交換協定を締結するなど対策を進めている。タックスヘイブンとされる国・地域との交渉も進め、昨年には、英領バミューダと協定締結の基本合意に達したが、まだ発効しておらず、情報交換は実現していない。

自治体への「義務付け」見直し勧告 応じたのは401項目(産経新聞)
東京消防庁に東久留米市も=35年ぶり消防事務受託(時事通信)
朝日と読売が「記事交換」 新聞業界で始まったリストラ(J-CASTニュース)
<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
<毒ぶどう酒事件>惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)