東京都大田区羽田空港2の京急電鉄「国際ターミナル駅(仮称)」の新設工事現場が燃えた27日の火災は、工事用の照明器具がショートして出火した可能性があることが警視庁東京空港署の調べで分かった。

 同署と京急電鉄によると、出火したのは地上3階地下2階建ての駅ビルの1階。作業員が工事用の照明器具のスイッチを入れた直後に火花が散り、天井の断熱材に燃え移ったという。1階部分約390平方メートルを焼いた。滑走路は約2キロ離れており、飛行機の離着陸に影響はなかった。

【関連ニュース】
火災:建設中の新駅焼く 羽田空港
姫路爆発事故:支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で
火災:駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場
爆発:ごみ処理施設の建設現場で1人重体、4人重傷 姫路
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市

日病・次期会長に聖隷浜松病院長の堺氏(医療介護CBニュース)
<高校無償化>朝鮮学校排除に反対 市民ら集会 東京(毎日新聞)
足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)
金づちで上司の頭殴る=容疑の「ユニデン」社員逮捕-警視庁(時事通信)
放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし-茨城(時事通信)