民主党の小沢一郎幹事長は1日の記者会見で、資金管理団体の土地取引をめぐり東京地検の2度目の事情聴取を1月31日に受けたことを認めた上、「3時間余りいろんな事項について説明を求められた」と述べた。また、「知っている限りの事実すべて、記憶している事実を包み隠さずすべて申し上げた」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~ゼネコン側、妨害恐れ献金~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
【中医協】感染防止対策加算などを新設(医療介護CBニュース)
<化粧>「男のくせに」はもう古い(毎日新聞)
<掘り出しニュース>珍しい白ナマコ--かごしま水族館で展示(毎日新聞)
小沢氏不起訴 「有罪を得る証拠ない」 特捜部長ら会見(産経新聞)