政府は23日、深夜早朝の執拗(しつよう)な督促など悪質な家賃滞納の取り立てを規制し、住居の賃借人を保護する新法案を閣議決定し、今国会に提出した。不況で収入を断たれ、家賃が滞る非正規労働者らが増える中、強引な家賃取り立てをめぐるトラブルが社会問題化している。今国会で成立させ、来年6月末までの施行を目指す。

 法案は、大家や家賃の連帯保証業者が、滞納を理由に賃借人を脅迫して私生活の平穏を害する▽住居の鍵を無断で取り換えて閉め出す▽室内から勝手に家具や衣類を運び出す-などの行為を禁止する。違反すれば、2年以下の懲役または300万円以下の罰金、あるいは両方を科す。

 また、家賃連帯保証業者や、賃借人の過去の滞納状況のデータベースを構築する業者に対し、国土交通相への登録や5年ごとの登録更新を義務づける。違反には5年以下の懲役または1000万円以下の罰金、あるいは両方を科す。国交相はこれらの業者に対し、業務改善命令や業務停止命令を出せる。

 国交省住宅総合整備課によると、家賃トラブルをめぐり、平成20年度に国や地方自治体などに寄せられた相談は78件だった。内訳は、家賃支払いが滞った際に「執拗な督促がなされた」(27件)、「無断で鍵を交換された」(15件)、「無断で借家内に侵入された」(10件)、「高額な違約金を請求された」(10件)など。

【関連記事】
悪質な家賃取り立てに罰則 賃借人保護法案を閣議決定
ロック座風?小向美奈子が賃貸プロデュース
記者や議員招いて“再教育”
住んでもOK、副業にも最適 “お宝”競売物件に注目!
「追い出し屋」被害者の会結成

市橋被告の整形逃走→警察庁が美容外科と協定(読売新聞)
男性が線路1キロ走る 電車に遅れ 大阪(産経新聞)
元和歌山市長の実刑確定へ=収賄・背任事件-最高裁(時事通信)
手配の男、署訪れ逮捕=知らずに知人の面会に-福岡県警(時事通信)
3割が「毎日弁当を作る」 「節約」重視で作る機会も増(産経新聞)