ファイル共有ソフト「カボス(Cabos)」を使ってインターネット上に音楽ファイルを公開したとして、香川県警生活環境課と高松南署は25日、著作権法違反容疑で高松市観光町、飲食店経営木村武之容疑者(33)を逮捕した。同課によると、容疑を認めている。
 カボスはファイル共有ソフトでデータをやりとりする「グヌーテラネットワーク」を利用する。同ネットワークを利用したファイル共有ソフトの著作権法違反容疑で立件するのは、全国で初めてという。 

「日本一早い」ハウスで桃の花見 山梨(産経新聞)
4氏の争いに=石川知事選(時事通信)
米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)
関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)
Aiの保険収載を望む専門医が75%―救急医学会(医療介護CBニュース)