北海道の夕張メロンとヒグマを合体させた「メロン熊」グッズが人気を呼んでいる。北海道物産センター夕張店の若狭翁斉(おうさい)店長(28)が、かつてメロンのハウスに侵入して食い荒らしたクマがいたとの話を聞き、商品化を思いついた。

 昨年9月にメロンにクマの顔をつけたマグネット(380円)1000個を販売したところ完売。その後、足のついたマグネット(580円)、ストラップ、Tシャツなどを次々と売り出した。

 同店とホームページでの限定販売。特に若者に人気といい、若狭店長は「ゆるキャラ全盛の中でリアルなクマとメロンのミスマッチがうけたのでは」。【吉田競】

ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」-徳島県警(時事通信)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)
<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
重りにいかり3個、鶴見川のポリ袋・女性遺体(読売新聞)