首相動静(5月25日)(時事通信)

 午前7時50分、公邸発。「福島社民党党首が沖縄に行くが」に「閣僚としてはいかがなものかと思うが、社民党党首の立場ではやむを得ない」。同52分、国会着。同53分、院内大臣室へ。同8時、宇宙開発戦略本部開始。
 午前8時13分、同本部終了。同18分、閣議開始。
(了)

【関連ニュース】
問われる首相の責任=「負担軽減」にもハードル
首相「腹案」、地元が引導=事態混迷で決着先送り論も
普天間移設案を説明へ=鳩山首相、4日沖縄訪問
「ゆるキャラ」で交通安全を=みうらじゅんさん作製
CO2削減リースに金融支援=「環境経済成長ビジョン」策定

裁判員制度施行から1年 死刑、無罪はゼロ(産経新聞)
幹部から連立離脱論=社民(時事通信)
国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(読売新聞)
日本最大級のドロップシッピングサービスを展開する株式会社もしも、個人特化型アフィリエイトサービス「もしもアフィリエイト」を開始します!!
クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)

谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)

 民主党は10日、夏の参院選比例代表に、柔道女子の五輪金メダリスト、谷亮子氏(34)を公認した。谷氏は党本部で小沢一郎幹事長と共に記者会見し「現役はもちろん続ける。ロンドン五輪で金メダルを目指す」と述べ、現役を引退しない意向を表明した。

【第一報】谷亮子氏:参院選に民主から出馬表明 「五輪は金目指す」

 民主党は「政治とカネ」や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などで逆風が強まるなか、知名度の高い谷氏の擁立で、比例票の上積みを狙う考えだ。小沢氏は会見で「本当に100万、1000万の味方を得たような感じだ」と語った。

 谷氏は会見で3月に党側から誘いがあり、4月下旬に出馬を決意したと説明。「スポーツ振興に携わりたい。国民が誰もが望むような国づくりをしたい」と抱負を語った。所属していたトヨタ自動車を退社したことも明らかにした。

 谷氏は2000年のシドニー、04年のアテネ両五輪で柔道女子48キロ級を連覇。08年の北京五輪は銅メダルを獲得した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
【ロンドン五輪は?】北京では銅メダルに終わった谷亮子
◇ 参院選 話題の候補◇庄野真代氏の公認を正式決定 夏の参院選比例代表
◇ 参院選 話題の候補◇巨人前監督の堀内恒夫氏を自民が公認
◇ 参院選 話題の候補◇元巨人・石井浩郎氏(自民)が事務所開き 秋田
◇ 参院選 話題の候補◇参院選・大阪選挙区 岡部まりさん出馬表明

男性の死亡認定取り消し=失跡後、北朝鮮でかつて生存-海保(時事通信)
<サカキ>伐採し持ち去り 東大大学院の愛知演習林から(毎日新聞)
普天間、決着先送りに言及=「6月以降も努力」-鳩山首相(時事通信)
<乳児虐待>長女の足にアイロン 22歳の両親逮捕…福島(毎日新聞)
中曽根氏が自著で小沢氏を評価 小泉氏は「期待外れ」(産経新聞)

新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、新型インフルエンザの発生動向に関する「医療従事者向け疫学情報」(第3版)をホームページ上で更新した。1月に続く更新で、厚労省の新型インフルエンザ対策推進本部が、昨年夏から今年3月下旬までの約8か月間のデータを分析した。同省の担当者は、「今回もこれまでの傾向と変わらなかった。全体の状況がほぼ把握できたので、大きな変化が起こらない限り、アップデートはこれが最後になる」としている。

 自治体を通じて3月23日までに厚労省に報告された198件の死亡事例を分析した結果、発症から死亡までの平均日数は9.5日で、1月に公表された前回の推計(昨年12月6日までに報告)より2.3日に長くなった。しかし、入院から死亡までの期間が平均7.4日と短いことから、同省では前回と同様、「発症後に短期間で入院し、早期で亡くなっているという臨床経過が分かる」としている。
 198件の死亡事例を年代別で見ると、15歳未満が38件、15歳以上65歳未満104件、65歳以上56件。発症から死亡までの各年代の平均日数は、15歳未満が6.6日(前回5.4日)、15歳以上65歳未満9.7日(同7.7日)、65歳以上11.2日(同8.3日)で、いずれも長くなり、15歳未満の経過が早い傾向が見られた。全体の85.3%にあたる163件で、抗ウイルス薬が投与さていた。

 主治医の報告に基づく死因は、15歳未満では脳症・脳炎(29.0%)がトップで、以下は肺炎(16.0%)、多臓器不全、心筋炎(いずれも11.0%)の順。一方、15歳以上65歳未満と65歳以上は、肺炎が共に40%以上を占めた。死亡した65歳以上の94.6%が基礎疾患を持っていた。

 死亡例のデータについては、前回の100件からほぼ倍増したものの、入院患者では、▽基礎疾患を持つ場合に重症化しやすく、特に20歳以上でその傾向が強い▽発症から死亡までの日数は、年齢によって幅があり、15歳未満の経過が早い―と、これまでと変わらない傾向が見られた。同省では、「新たな流行の波が発生する可能性はあるものと考え、対策を継続する必要がある」として、引き続き注意を呼び掛けている。


【関連記事】
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
医療従事者向け疫学情報を公表―新型インフルで厚労省
インフル定点報告数は微増
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
タミフル半減で国内売上高9%減―中外

<山岳遭難>63歳男性戻らず 奈良・大峰山系に1日入山(毎日新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
<GW>渋滞ピーク…関越道43キロ 下り混雑3日まで(毎日新聞)
【私も言いたい】高校無償化 「法律は修正すべきだ」8割(産経新聞)
鳩山首相「世界で最も影響力ある100人」に(読売新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ