任期満了に伴う沖縄県名護市長選が17日告示され、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補を届け出た。投開票は24日。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画受け入れの是非が最大の争点だ。
 届け出は午後5時に締め切られ、稲嶺、島袋両氏の一騎打ちとなる見通しだ。島袋氏は滑走路を沖合に移動させることを条件に、辺野古への移設を容認。自民、公明両党から支持を受けている。稲嶺氏は県外移設を主張している。 

【関連ニュース】
名護市長選が告示=普天間移設の受け入れ争点
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示
説明不十分なら審議拒否も=自民・川崎氏インタビュー
「移設に断固反対」=普天間問題で意見書
普天間決着「悲観的」=行き詰まり想定し代案検討を

中学生は即戦力、防災担い手を育てる動き(読売新聞)
<福岡市>「うまかもん」満喫ツアー 「福たび」を発売(毎日新聞)
名古屋市が住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える-河村市長(時事通信)
【風】「住みにくい世の中になった」(産経新聞)
適正な塩分摂取量の認知度は約1割(医療介護CBニュース)