平成23年秋に川崎市にオープンする文化施設「藤子・F・不二雄ミュージアム」の概要が発表された。

 建設予定地は同市多摩区の「生田緑地」で、敷地総面積は約5500平方メートル、建物は地上3階建て。約5万点の原画の展示を中心に、愛用の道具や机などを配置した「先生の部屋」、ドラえもんをはじめさまざまなキャラクターがいる「屋上ひろば」などで構成されている。

 今年4月に着工、総事業費は約18億~20億円で、23年9月3日オープンを予定している。

 記者会見に出席した妻の藤本正子さんは「原画はまさに彼が生きていた時間そのもの。一枚たりとも分散させたくなかった。世界中から子供たちが訪れてもらえればうれしい」と話した。

 藤子さんは、昭和36年に東京都豊島区の「トキワ荘」から川崎市に転居。以来、平成8年に亡くなるまで「ドラえもん」「パーマン」など数々の名作をこの地から世に送り出した。

特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)
<私のしごと館>わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
<南房総市長選>石井氏が無投票再選 千葉(毎日新聞)
崖っぷちの谷垣氏ひとまずふんばる 口癖連発…焦りも? 党首討論(産経新聞)
<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)