民主党岐阜県連は12日午前、同県連代表の平田健二参院国会対策委員長に対し、内閣支持率低下を受け、党体制の刷新を求める鳩山由紀夫党代表(首相)宛の申入書を提出した。政権交代後、民主党の地方組織が党体制の見直しを申し入れるのは初めて。岐阜県連に存在する小沢幹事長更迭論を背景にした申し入れだ。

 申入書は「(内閣)支持率低下に歯止めがかからない状況で、参院選への大きな影響は避けられない」と危機感を表明。鳩山首相や小沢氏の名指しは避けたものの「政治とカネ」の問題で「さらなる説明責任」を果たすよう促し、党代表の鳩山首相に「速やかに新体制を築く」よう求めた。

 「新体制」は、県連内の小沢氏の更迭論を背景にしたものだが、県連代表でもある平田氏は同日昼過ぎ、国会内で記者団に「何を指しているのか分からない」と語った。

【関連記事】
石原氏「民主党はみんな腰抜け」
平沼氏「民主党政権はこの国をダメにする」
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
外国人地方参政権問題に一石

3000万円相当?金7キロなど医師宅で盗難(読売新聞)
「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除(J-CASTニュース)
雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)