老人保健施設の開設を準備していた医療法人社団千住会(東京都日の出町、山西真彦理事長)が4月16日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが、東京商工リサーチの調べでこのほど分かった。負債額は現在調査中だという。

 東京商工リサーチによると、同法人は2007年9月に設立され、日の出町に老人保健施設を開設する準備をしていた。しかし、実際には施設の建設工事が中止されており、事業を開始していなかった。また、法人名義の借入金を個人負債の返済に充てていたほか、法人から理事長への貸付金も回収できていないなど、剰余金の配当禁止を規定した医療法に抵触していた。こうした一連の違反に是正措置がなされなかったとして、東京都は昨年12月25日に法人の設立認可を取り消す行政処分を行っており、同法人は登記上、同30日に解散していた。


【関連記事】
医療機関の倒産、4月は5件―帝国データ
医療法人社団博美会が破産手続き―レーシックの神奈川クリニック眼科など運営
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁

高砂市役所や県民局も捜索 社福法人の不法投棄で兵庫県警(産経新聞)
蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
男性2人が心肺停止=いずれも刺し傷、軽傷も1人―大阪(時事通信)
【お財布術】「アンテナショップ」編 10分で味わえる全国旅行(産経新聞)
<裁判>娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁(毎日新聞)