仙台市中央卸売市場(仙台市若林区)で26日早朝、宮城県石巻市の鮎川港を基地に実施している「三陸沖鯨類捕獲調査」(調査捕鯨)で、捕獲したミンククジラの肉約500キロの初競りがあった。

 1キロ平均3900円程度で競り落とされ、飲食店やスーパーマーケットなどに出荷された。「鯨肉は、さっぱりとした味わいで、ワサビしょうゆで食べると絶品」(市場関係者)という。

 競り落とした行商の男性は「高齢のお客さんが楽しみにしているので」とニッコリ。反捕鯨国から批判の強い調査捕鯨だが、市場関係者は「鯨肉は日本の宝」と胸を張る。【垂水友里香】

【関連ニュース】
シー・シェパード:船長を捕鯨妨害で起訴 東京地検
シー・シェパード:元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で
シー・シェパード:日本側の対応批判 元船長起訴の方針に
シー・シェパード:抗議船長を追送検…傷害容疑は否認
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ

「心境さわやか」舛添氏、午後に離党届提出へ(読売新聞)
再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致-解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)
スケート 銀の穂積選手が母校訪問 北海道千歳(毎日新聞)
<虐待>5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑(毎日新聞)
<年金記録>9月以降、29カ所で照合 計画概要明らかに(毎日新聞)