【ホノルル時事】岡田克也外相は12日午前(日本時間13日未明)、ハワイでクリントン米国務長官と会談した。幅広い分野での日米の協力を確認し、同盟深化のための政府間協議の開始に向けて協議したとみられる。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)問題で外相は、5月までの結論を目指し新たな移設先を検討する日本政府の方針を説明。しかし、移設先をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)とした現行計画が最善とする米側との擦れ違いは残りそうだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

将棋 久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局(毎日新聞)
「しっかり説明を」=小沢氏に-前原国交相(時事通信)
<新成人>「結婚したい」「子どもがほしい」が8割超 「交際相手がいる」女性は過去15年の最低(毎日新聞)
小沢疑惑 前原国交相が「説明責任果たすことが大事」(産経新聞)
ハイチ支援で連携=日アルゼンチン外相(時事通信)