理化学研究所などは14日、仁科加速器研究センター(埼玉県和光市)の加速器リングサイクロトロンから発生する重イオンビームを照射する方法で突然変異を引き起こし花を咲かせるため、冬の寒さを必要としないサクラの新品種「仁科乙女」を開発したと発表した。
 通常のサクラは、花を咲かせるためには一定期間低温にさらされなければならず、春以外の季節に咲かせるには冷蔵庫などが必要で、商業ベースには乗りにくかった。
 同センター生物照射チームの阿部知子チームリーダーらは、山形県で栽培される「敬翁桜」という品種の枝に加速した炭素イオンビームを照射。この枝を接ぎ木して育てたところ、約5カ月の間隔で年に2回咲くものが見つかった。
 さらに、気温15~20度に保った温室で育てると、春から秋にかけて花が断続的に咲き、従来品種のように冬の寒さが要らないことも判明。逆に屋外で冬の寒さにさらすと、春には従来品種の約3倍の花が一斉に咲くことも分かった。 

【関連ニュース】
桜の開花予想を終了=「民間が充実」と気象庁-54年の歴史に幕

医療機関の倒産が過去最高を記録(医療介護CBニュース)
外務省官房長に木寺氏(時事通信)
参院選で「6議席以上獲得」=決議を採択-共産党大会(時事通信)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
<日本国際賞>岩崎・東北工業大理事長ら2氏が受賞(毎日新聞)