有限会社笠間書院(かさましょいん)は、日本の出版社である。日本語学、日本文学の学術書を専門とする。社名の「笠間」は、創業者の出身地である茨城県笠間市から採られている。笠間書院は、2006年に本社を現在地へ移転、さらに6月には公式サイトを改装し、専門とする日本語学、日本文学とその周辺分野についての情報発信を積極的に行っている。公式サイトはブログ形式となっており、笠間書院のみならず他社からの献本、学会、研究会、展覧会や他のウェブサイトの情報など様々に掲載、毎日更新されている。年に一度、PR誌の『リポート笠間』を作成し、無料配布する。毎号で日本文学の一分野に関する特集を組み、そのテーマに即した座談会の模様を掲載している。外部リンク版元日誌?? 新入会の笠間書院です! - 笠間書院の、版元ドットコム加入に際しての挨拶(2007年9月19日) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E9%96%93%E6%9B%B8%E9%99%A2」より作成カテゴリ: 日本の出版社 | 千代田区の企業

【探訪 生物多様性 支え合ういのち】新潟県佐渡市 トキ(産経新聞)
捕鯨妨害で船籍国に対応要求=外務省(時事通信)
福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」(産経新聞)
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申(産経新聞)
6法科大学院に改善要請 文科省 京大、東大は人数超過(産経新聞)