鳩山由紀夫首相は31日午後の党首討論で、自身の資金管理団体をめぐる偽装献金事件に対する責任の取り方について「私としては身を粉にして国民の期待に応えることによって、その責めを果たしたい」と述べ、辞任の考えはないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
郵貯限度額上げ、公約と矛盾せず=鳩山首相
議論熟さず、急転直下の決着=肥大化に残る疑問点
亀井氏支持、危うい決断=指導力誇示に腐心

米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り(時事通信)
観光庁長官「医療観光は有力な市場」(医療介護CBニュース)
谷垣氏が民主党不祥事続発を追及(産経新聞)
【土・日曜日に書く】論説副委員長・高畑昭男 「密約以後」に問われる誠実さ(産経新聞)
元公設秘書側「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」 弁護側最終弁論要旨(産経新聞)