大阪府吹田市立中央図書館北千里分室の改装後にシックハウス症候群になったとして、同図書館に勤務していた46~59歳の非常勤の司書の女性3人が20日、国を相手取り、労災不認定処分の取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。代理人弁護士によると、シックハウス被害をめぐり労災認定を求める訴訟は初めてという。

 訴状によると、図書館分室は平成13年11月から改装工事を行い、14年3月に完成。分室で勤務した3人は直後から体調不良となり、7月に化学物質過敏症と診断された。

 3月時点で厚生労働省の指針を大幅に上回る高濃度のトルエンが検出されていたという。

 3人は2~5カ月間休職して治療。茨木労働基準監督署に労働者災害補償保険法に基づく治療費と休業補償を申請したが、19年1月に不支給処分が出た。再審査請求も21年11月に棄却された。

 同時期に勤務した正職員2人も同じ症状となり、20年8月に公務災害の認定を求め提訴している。

「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会(医療介護CBニュース)
首長新党、18日に結成会見(産経新聞)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度-政府(時事通信)
<愛知5人殺傷>県の機関や警察の助言でネット停止(毎日新聞)
米紙に「哀れで頭おかしい」  ここまで言われる鳩山首相(J-CASTニュース)