アイシン精機株式会社(アイシンせいき、Aisin Seiki Co.,Ltd. )は大手自動車部品メーカー。トヨタ自動車系列だが、現在では海外メーカー、さらには日産自動車をはじめとする国内他社にも部品を供給している。概要主な事業は自動車部品の開発と生産。ブレーキシステムや、大容量トランスミッション、エンジン関連、ドア周り部品、GPSカーナビゲーションなどを手がけている。今や当たり前の音声案内を行うボイスカーナビゲーションを世界で初めて世に送り出した。オートマチックトランスミッション(自動変速機)においては世界トップレベルとも言われる。近年はトヨタグループの製品(自動車や自動織機の技術など)を応用した商品が開発され、系列としてはベンチャー的である。他にもベッド(以前は「トヨタベッド」だったが2006年に「ASLEEP」という独自ブランドに移行)やミシン(トヨタミシン)など住生活関連製品、ガスヒートポンプなどのエネルギー関連製品、さらには電動車いすなど福祉用品も扱っている。1980年代前半までは、シャープ製のカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを「TOYOTA」に変更して販売していた。また、1976年INAXと共同開発した「シャワートイレ」はその後の主力製品となった。2009年6月から藤森文雄が社長に就任。豊田幹司郎以来となる二人目の生え抜き社長である。アイシン精機は、一つの事業が大きくなった場合は分社化するという特徴があり、グループ会社は150社以上存在する。 中でも、子会社であるアイシン・エィ・ダブリュは、近年成長が著しく、親会社であるアイシン精機と売上高・社員数共にほぼ変らないという規模まで成長している。日本バスケットボールリーグに所属するアイシンシーホースを運営している。2000年頃までは成績低迷に喘いでいたが、他チームを解雇されたり、チームの廃部で居場所を失った選手を多数受け入れたりして2002年にはオールジャパン優勝を果たした。この苦労話が「ファイブ」として小説となった。これが劇画化されビッグコミックで連載され、また2008年1月にはNHKでテレビドラマ化もされた。沿革1943年3月 - 東海飛行機株式会社として創業。1949年6月 - 東海飛行機が愛知工業株式会社と社名を変更して航空機部品生産からミシン、自動車部品生産へと転換。1961年10月 -

明石で民家火災、1人死亡(産経新聞)
<容疑者に便宜>たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒(毎日新聞)
西大寺会陽 宝木を奪い合う 岡山の奇祭500年(毎日新聞)
ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕-警視庁(時事通信)
石川被告進退、民主に離党論 「まず本人意思」首相辞職言及(産経新聞)