気象庁は12日、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の2009年の年平均濃度(速報値)が、国内の観測3地点すべてで観測史上の最高値を更新したと発表した。同庁は「化石燃料の使用や森林破壊などが要因で、増加傾向は続くのではないか」とみている。
 同庁の観測によると、岩手県大船渡市の観測地点で389.7ppm、東京都小笠原村の南鳥島で388.0ppm、沖縄・与那国島で389.4ppmだった。1987年に大船渡市、93年に南鳥島、97年に与那国島で観測は始まったが、いずれの地点でも、過去最高を毎年更新し続けている。 

【関連ニュース】
特集・恐竜図鑑~新種の翼竜、あごに多数の歯~
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
深海貝の新種化石発見=進化過程解明に期待

「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント(産経新聞)
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕-警視庁(時事通信)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」(産経新聞)
第一三共、中山副社長が社長に昇格へ(医療介護CBニュース)