東京・銀座のビル転売を巡り、東京都港区の不動産会社「湊開発」が法人所得約26億7000万円を隠し、法人税約8億円を脱税した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は20日、同社を実質経営する指定暴力団稲川会系組長中村富夫こと張富夫(60)、同社代表取締役坂元秀之(53)の両容疑者を法人税法違反容疑で逮捕、東京国税局と共に関係先を捜索した。

 発表などによると、張容疑者らは、飲食店などが入っていた銀座の雑居ビル「秀吉ビル」の権利関係を整理して取得、約40億円で転売する際、建物や借地権の取得費用を水増しするなどの手法で、2005年12月期の所得を隠し、法人税を免れた疑い。

 同ビルは230平方メートルの敷地に立っていた6階建てのビルで、1980年代からビルの権利関係を巡り複数のブローカーが出入りしたり、訴訟に発展したりしていた。

小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)
11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に-厚労省(時事通信)
特捜部捜索にオフィス街騒然(産経新聞)
“産着” 真っ白な絹で レンタル始めてから購入者増加(産経新聞)
「つい出来心で」男子高生に痴漢の疑い 男を逮捕 埼玉(産経新聞)