8日午前10時40分ごろ、宇都宮市塙田の県庁舎13階の県土整備部監理課で、ガソリンのような液体を入れたポリタンクを持った男が入ってきたため、職員の通報で駆けつけた県警宇都宮中央署員が、建造物侵入の現行犯で逮捕した。職員にけがはなかった。

 県によると、男は50代とみられ、建設関係の仕事に就いており、業者間のトラブルを抱えていたという。以前にも、監理課に来て声を荒らげたり、「灯油を持って行く」と話したりしていたため、警戒していたという。においに気づいた職員が男を取り押さえた。

【関連記事】
サンタ姿で会社社長襲い放火 殺人未遂容疑で43歳男逮捕
暴力による不動産の強制収用を禁止 新条例案は憲法違反?
豪北部で保険会社に放火 ガソリン缶と花火乗せたカート投げ込む 
セルフ給油所でトラブル、ガソリン浴びせた男逮捕
「お清め」と教室にガソリン 女子大学院生逮捕

12月機械受注、20.1%増=3カ月ぶり拡大-内閣府(時事通信)
橋下知事「民主党は理念ない。うそ八百だ」 参院選にも言及(産経新聞)
11年前の殺人、4人逮捕=別の強殺事件で起訴の男ら-宮城県警(時事通信)
小沢幹事長の続投批判=自民(時事通信)
民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる(産経新聞)