前原誠司国土交通相は10日夕、同省内でトヨタ自動車のリコール(回収・無償修理)問題に関しルース駐日米大使と会談した。前原国交相はこの中で「トヨタが責任を果たす中で、日米関係に支障が出ないように互いに管理すべきだ」と述べた。米国で同社への批判が強まっているため、冷静な対応が必要との考えを示したとみられる。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

<介護保険>過徴収10億円 東大阪で設定ミス(毎日新聞)
石川衆院議員、辞職せず(時事通信)
<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
国庫負担肩代わりに反対運動展開へ-健保連(医療介護CBニュース)
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)