新潟県佐渡島で2008年に野生復帰を目指し放鳥された国の特別天然記念物のトキ10羽(1羽死亡)のうち、雌2羽が本州と佐渡を行き来していることが23日、分かった。環境省によると、本州に渡ったトキが再び佐渡に渡ったのが確認されたのは4例目。同省は「繁殖期で行動範囲が広がり、雄を探した結果ではないか」と分析している。
 1羽は4歳の雌で、08年11月に本州側に飛来。長野、山形、福島、宮城、富山各県を経て、22日朝まで佐渡にいるのが確認され、同日午後には、新潟県糸魚川市の田んぼで餌を探しているのを市民が見つけた。
 もう1羽は2歳の雌で、21日まで同県長岡市で確認された後、22日午前、佐渡の田んぼで2羽の雄と餌を探しているのが確認された。 

<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
「道頓堀くくる」名物のタコ看板はオスだった!(産経新聞)
<訃報>金澤魯水さん85歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)