警視庁は19日、公訴時効が09年6月に成立した暴力行為事件で、山梨県富士吉田市の男性を18日に誤って逮捕したと発表した。警視庁は男性に謝罪し、19日に釈放した。

 警視庁によると、男性は30代の暴力団関係者。立川署は18日、06年6月に暴力団の威力を示し、知人男性に現金を要求したとして暴力行為法違反容疑で逮捕した。ところが19日、送検手続きの中で検察官から公訴時効(3年)の成立を指摘された。逮捕状を出した立川簡裁も時効完成に気付かなかったという。【川辺康広】

【関連ニュース】
警察庁長官狙撃事件の時効成立 国松氏インタビュー(10年3月)
【未解決事件の特集】忘れない:雨の日 姿消した娘(横浜小3女児不明)
【未解決事件の特集】忘れない:特殊染料 謎の接点  (東京・世田谷一家殺害事件)
【未解決事件の特集】初めての遠足の帰り道 娘は命奪われた(小1女児死亡ひき逃げ事件)
殺人時効廃止を閣議決定(10年3月)

<タクシー運転手殺害>メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
「命を扱う医師が…」「愚かだ」 不同意堕胎容疑の小林容疑者に憤りの声(産経新聞)
「カントリーマアム」新作はキャラメルと八丁味噌の意外な組み合わせ!
鳩山首相、参院選は「まだ先の話だと思う」(産経新聞)
志賀自工会会長「頑張っていると言われるように」(レスポンス)